スポンサーディスプレイ広告の商品ターゲティングキャンペーン戦略

· Amazon広告

・10点以上の商品(ASIN)を選択する。

キャンペーン作成の際には、同じカテゴリーのASINを10点以上まとめてグループ化し、入札額と予算をカスタマイズすると良いとのこと。特にどのASINからの売り上げでも良い場合はまとめる方が理論上は良さそうです。新バージョンと旧バージョンの商品があり、新バージョンを売っていきたい場合はテストをして切り出したほうが良いかどうか見極めることも大事です。

・商品とカテゴリーをターゲットする。

関連性の高い商品やカテゴリー全体を幅広くターゲットするのがおすすめとのこと。リーチする購入者が増えるほど、コンバージョンが高くなる可能性があります。スポンサーディスプレイ広告は平均クリック単価が安くなる傾向があるので、潜在層へのリーチもやりやすく、感覚ですがスポンサーディスプレイ広告の露出が増えるとスポンサープロダクト広告にも好影響がありそうな気がします(レポートがないので真偽は不明)。

・長期的に観察する。

最初の2か月間はキャンペーンを注意深くモニタリングし、ブランドに最も成果をもたらしているASINに対して重点的に投資を行うのが良いとのこと。Amazonによると10点以上のASINを使用している米国の広告主様は、1点のみのASINを使用している広告主様と比べると、平均でクリック単価が28%低く、費用対効果(ROI)は20%高くなっているとのことです。 

参照元

https://amazonadvertising.turtl.co/story/everything-you-need-to-know-about-sponsored-display-ja_jp/

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK