ブランドの成長を支援する4つの方法

· Amazon広告

Amazonのオフィシャルブログでブランドの成長を支援する4つの方法について書かれた記事がありましたので共有します。

本来のブログのタイトルは「美容マーケティング: 美容ブランドの成長を支援する4つの方法」となっていたのですが、中身はどんなカテゴリのブランドであっても使える物でしたので、美容に限らず4つのポイントをピックアップしたいと思います。

ブランドの成長を支援する4つの方法とは...?

  1. 一年中ブランドの勢いを維持する
  2. Amazon DSPを通じてディスプレイ広告と動画広告を使用して、Amazon内外のオーディエンスにリーチする
  3. 複数の広告商品全体で広告予算のバランスを図る
  4. カスタマーレビューが多い商品を宣伝する

1つ目については、私はキャンペーンは単発ではなく定期的に行う必要があるということと理解しています。いくら大きなキャンペーンでも単発で終わってしまうと、その瞬間は多くの人に注目されますが、その後忘れられる可能性が高いのではないでしょうか。わかりやすく考えると、あなたは1年前にあった大きなキャンペーン(イベント)で記憶に残っているものはあるでしょうか?毎年恒例のものだったり、定期的に情報が送られていくる(情報発信している)ブランドであれば、記憶に残っているかもしれませんが、単発で行ったものに絞ると記憶に残っていないかもしれませんね。(単発だから記憶に残らないのか、単発で且つ規模が小さいから記憶の残らないのかは別途考える必要がありそうです) 

2つ目の「Amazon DSPを通じてディスプレイ広告と動画広告を使用して、Amazon内外のオーディエンスにリーチする」はAmazonのオフィシャルブログなので、Amazon DSPを推奨していますが、他に適切な広告媒体がそれらでも良いかもしれません。ただ、Amazon DSPの特徴はAmazonの購買データに基づいてセグメントを出来る点が非常に大きいので(他の広告媒体では不可能)Amazon DSPを使うメリットは大いにあります。広告を使うことでリーチできるユーザー数は確実に増えるので、活用していくことには私も同意します。 

3つ目の「複数の広告商品全体で広告予算のバランスを図る」はこれは当たり前と言えば当たり前ですが、投資効率の悪い広告商品の比率が高いと会社としてはよろしくないので、適切な投資バランスを調整していくことは必須で行いましょう。

 4つ目の「カスタマーレビューが多い商品を宣伝する」も当たり前ですが、評価が低い商品はいくら広告を頑張ったところで売ることは難しいです。(レビューが低い原因がターゲット違いの場合は、広告でターゲットを変えることで改善できるケースもある)Amazonにおいては売れる商品を広告するのが最も成功しやすいパターンだと私は思っていますので、きっちりこれも行うのが良いかなと思います。 以上が、ブランドの成長を支援する4つの方法でした。美容マーケティングというよりは、マーケティングの本質に迫った記事でしたが、同意できる内容でしたので紹介しました。ぜひご活用ください!

https://advertising.amazon.com/ja-jp/blog/4-ways-to-help-grow-your-beauty-brand/

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK