ちょっと前の記事での発表ですが、スマホ向けのフリークエンシーの記事がありました。

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、ヤフーの協力のもと、「スマートフォン版Yahoo!JAPAN」ユーザーを対象に、広告に対する1人あたりの接触頻度(フリークエンシー)と広告認知の相関関係に関する調査を実施。1月24日、調査結果を発表した。フリークエンシーとディスプレイ広告の認知率に関しては相関関係が見られ、フリークエンシー4回で広告接触者の約半数となる49.6%が広告を認知することが分かった。調査は2011年11月7日~12月25日に、広告に接触における最適な投下量を検証するため、スマートフォン版Yahoo!JAPANにおいて対象となる6種類のディスプレ イ広告に接触したユーザーに対してインターネットを利用して実施。有効回収数は538サンプルだった。なお、1回のフリークエンシーでは38.2%、2回では39.6%、3回では44%の広告接触者が広告を認知していた。5回では52.8%、6回では52.8%、7回では51.4%、8回では54.1%と、接触回数が5回以上になっても認知度は大きくは変わらないことも分かった。今回の調査結果に基づき、Yahoo!JAPANは平均のフリークエンシーが4回になることが予想できる投下量で設計した広告商品「スマートフォン版Yahoo!JAPANスマートパネルスペシャル」を近日中に発売の予定。

Google Adwordsではフリークエンシーの設定も可能なので、こういったデータを元に適用するのも最適化の手段ではあります。
ただ、フリークエンシーの記事を鵜呑みにするのではなく、施策前と施策後で効果があるかどうかが大事なのはいうまでもありません。

Google Adwordsではキャンペーン設定でフリークエンシーキャップをかける事が可能です。

Google Adwordsでは日単位、週単位、月単位でのフリークエンシー設定をかけることができ、キャンペーン毎、広告グループ毎、広告毎なのかどうかも選択することが可能です。

様々なパターンでカスタマイズが可能ということです。

 

ちなみに過去記事に書きましたがPCでのフリークエンシーは7回が最適のようです。
・バナー広告のフリークエンシーは7回が最適