Google Adwordsのキーワードツールはログインしているときとしていない時とで、表示される項目が異なります。ログインしている時の方が調査出来る項目が多くなります。

具体的には下記の項目になります。

■ログインしていないとき

  • キーワード
  • 競合性
  • グローバル月間検索ボリューム
  • ローカル月間検索ボリューム
  • 抽出元ウェブページ

■ログインしているとき

 

  • キーワード
  • 競合性
  • グローバル月間検索ボリューム
  • ローカル月間検索ボリューム
  • 抽出元ウェブページ

ここまでは同じです

加えて下記の指標がログイン時には確認することが可能です

 

  • おおよそのクリック単価
  • 広告シェア
  • 検索シェア
  • ローカル月間検索シェアの傾向
  • Google検索ネットワーク

Googleのキーワードツールはリスティング広告においてユーザーのニーズを調査するのに非常に有効なツールです。

ぜひとも使い方をマスターして指標を有効に活用しましょう。

詳しい使い方は後ほど更新予定です。