Amazon広告を始める前のページチェックポイント

· Amazon広告

広告を配信する際にはランディングページが大事であるのはいうまでもありません。そこで、Amazon広告にランディングページ(商品詳細ページ)はどんな点に気をつければ良いのかを書きたいと思います。

1つ目は商品詳細ページので使用する商品画像についてです。商品画像は、高品質でズーム可能な商品画像が使用されていることが重要で、Amazonの推奨は4つ以上の画像を掲載し、画像のサイズは1,000ピクセル以上で用意することとなっています。サイズの大きな画像を使うことで自動的にz~無機能が使えるようになるはずで、そこでページ訪問者に対して商品情報を詳しく伝えることができるようになります。つまり注文率(コンバージョン率)のアップを狙うのとターゲットではない訪問者の購入を防ぐことです。ターゲットではない訪問者が購入をしてしまうと悪い評価をつけられる可能性が高くなってしまいます(思っていたのと違う。使えなかった。など)そうならないためにも、ターゲットではない人への配慮するためにも商品情報は正確に伝える必要があります。

2つ目は商品タイトルが魅力的なものになっているかどうかです。 情報が読みやすくまとめられた商品タイトルを使用すると、購入者が商品の情報をすばやく把握できます。時々、検索に引っかかるようにキーワードを詰め込んだ商品タイトルを見ることがありますが、Amazonで買い物をしている人からすると、よく読まなと商品の特徴が分からないので良くありません。キーワードを詰め込むことは、検索にヒットしやすくなるかもしれませんが、デメリットとして人間から見た場合、良くありません。Googleでも機械のための最適化ではなく、人のための最適化が推奨されています。本質的には人が見て魅力的・自然な形でのタイトルが最終的には良いです。

3つ目は商品詳細ページに箇条書きの文章が含まれているかどうかです。 商品の特徴が箇条書きにまとめられていると、読み手にとっては非常に分かりやすく商品理解をしてもらえます。3つ以上の箇条書きを含め、商品の主な特徴を分かりやすく示すことで、購入を促すのとターゲットではない人を除外する狙いがあります。1つ目2つ目と同様に買って欲しい人、買わなくても良い人の選別をしっかり行えるように情報を伝えていきましょう。

以上が広告を出稿する際のチェックポイントです。細かい部分はまだあるのですが、優先でやるべきは上記の3つではないでしょうか。参考になれば幸いです。

  

 

  

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK