iPhoneというキーワードはGoogle Adwordsでは広告文に使用することはできません。

いわゆる「商標」というものなのですが、それでもボールド(太字)で表示している広告を見つけました。
ボールド(太字)になっているのは表示URLの部分ですね。
ここまでは商標の効果は及ばないようです。
これも広告を目立たせるテクニックの一つなので、商標キーワードを広告に入れる場合は試してみるのもよいでしょうね。
ちなみにiPhoneで検索したのに見出し部分のiPhoneがボールド(太字)にならないのは、「i」と「Phone」の間にスペースを入れているためです。
「iPhone」だとフィルタにひっかかるため「i Phone」にしたということでしょうね。
なんとかキーワードを含めようとした苦肉の策ですね。