Gmailを利用している方はすでにご存知かもしれませんが、Gmail内の広告の表示される仕組みが近日変更になるようです。

主なポイントは3つです。

1.関連性の低い広告を減らします
2.Gmail の重要度のランク付けを広告に適用します
3.お住まいの地域の案内やクーポンを提供します

Gmailには「優先トレイ」といった優先度の高いと思われるメールを自動的に振り分ける機能があるのですが(ユーザー自身で優先度が高いか低いかをシステムに教えることで高精度になります。)、その優先度によって配信する広告を選択するようです。
Adwords全体のボリュームから見れば、Gmailの変更はそれほどインパクトは無いですが、プレースメントで指定すると過去の実績よりは良い成果が出るかもしれません。