Google Adwordsのインプレッションシェアの基本的な改善方法のおさらいです。インプレッションシェアとは何か分からない方はこちらをご覧下さい。→インプレッションシェアとは?

インプレッションシェアを高めるためには下記に挙げるポイントを改善するのがインプレッションシェア改善の近道です。

1.キャンペーンの予算設定を改善する
2.掲載順位(入札単価)
3.品質スコア
4.地域ターゲット

•「キャンペーンの予算設定」の改善方法
これは管理画面あるいはAdwords Editorでキャンペーンの予算金額を増やす事で改善する事が可能です。

•「掲載順位(入札単価)」の改善方法

この場合はキーワードあるいは広告グループの入札単価を上げて、掲載順位を上昇させることで、改善する事が可能です。
First page bidが高めになったとしてもそれを上回るような入札単価にしておけば、表示機会を失う可能性は低くなります。
この対処をした場合は、1クリック当たりの単価が上昇するので、合わせてキャンペーン予算設定も見直す必要があります。
•「品質スコア」の改善方法
品質スコアが低い場合、First page bidが高くなったり、そもそも広告が掲載出来なくなったりとインプレッションシェアのロスは大きめです。あなたの商材と関連性のあるキーワードである場合は早急に改善する必要があります。
改善方法は「Google Adwordsの品質スコアの仕組みと最適化の方法」を参考にしてくだい。
 
•「地域ターゲット」の改善方法
これはサービスを地域限定に絞っている商材で重要になりますが、日本全国をターゲットにしているキャンペーンをサービス対象の地域に絞るだけでインプレッションシェアは改善できることも多いです。
地域密着のサービスを実施していて、地域ターゲットを設定していなかった場合は、地域ターゲットを設定しましょう。※ちなみに検索広告で部分一致を使用しているキャンペーンの場合、インプレッションシェアは100%を目指す必要はありません。
なぜなら、部分一致の場合ですと商材と関係ない検索クエリも含まれているため、こういったキーワードの場合は広告が表示されなくてもよいからです。