Google AdwordsはYahoo!リスティングに比べてリスティング広告の数は少ない傾向にあります。最も大きな理由はYahoo!リスティングはアフィリエイトサイトが掲載出来るのに対してGoogle Adwordsでは掲載出来ない事が大きな理由と思いますが、なぜGoogle Adwordsではアフィリエイトサイトが掲載出来ないのかというとブリッジページの規約に違反するからです。

ブリッジページとは?(Adwordsヘルプより引用)

ブリッジ ページ(誘導ページ)とは、アクセスしたユーザーを別のサイトへ誘導することを主目的としたウェブページのことを指します。
ブリッジ ページは独自性のあるコンテンツがほとんど存在せず、ユーザーにとっての有用性が低いページと見なされます。同様の特徴を有するアフィリエイトも、ブリッジ ページと見なされる場合があります。また、ブリッジ ページでは、アクセスしたユーザーを AdWords ポリシーに準拠したコンテンツから、準拠していないコンテンツへと誘導してしまう場合もあります。
このポリシーの目的は、広告を介し、ユーザーを多様性と有用性に富むコンテンツに直接誘導することです。広告主様がユーザーをポリシーに準拠していないコンテンツへ誘導し、AdWords ポリシーに違反してしまうことを防止する意図もあります。

本日、そのブリッジページの具体的な例が公式ブログで紹介されました。

具体的にどんなサイトだとよいのかというと下記の3つが具体例として挙げられています。

 

  • 複数の条件を指定できる高度な絞込検索機能
  • ユーザーが気になる製品をピックアップし商品を並べ替えることができる比較機能
  • 一括資料請求機能

アフィリエイターの方には参考になる情報かと思います。

今後、上記のような機能を搭載したアフィリエイトサイトがどれだけGoogle Adwordsの広告に出るかは分かりませんが、すぐにでは無いにしろキーワードによっては広告の数が増えることも考えられます。(もちろん何も変わらないこともありえます)広告の数が増える事が良い事なのか悪い事なのかは各ユーザーの視点に立ってみると正直なところ難しいところではあります。

理由としては、広告主側からだとCPC高騰は免れないでしょうが、検索ユーザーからすると有益な情報が得られやすくなり、商品の選択肢が広がるからです。

蛇足:上記の機能を簡単に構築出来るようなアフィリエイトツールが登場することも考えられますね。もしそのような流れになれば、広告の数が増えるスピードも加速するのでは?と思っております。