公式ブログで「簡単にディスプレイキャンペーンを作成する方法」の記事がアップされていたので、簡単に内容を紹介したいと思います。

▼新しいディスプレイ設定の流れ

新しいディスプレイ設定の流れは下記のリストを利用します。大体の業界で必要としている目標になるかと思います。

 

  • 認知度を高める:自動車メーカーの新しいSUVモデルの販売促進など
  • 選択肢に影響を与える:家電製品メーカーが、顧客に新しい洗濯機と乾燥機を選択肢に入れてもらうなど
  • 行動を促進する:ホテルの顧客に部屋の予約を入れてもらう。歯医者が新しい患者の電話を受ける。アプリ開発者が、アプリのインストールを増やす。

 

いずれかを選択すると、関連性の高いターゲティングと、条件を満たす入札設定を行うためにガイドしてくれるようです。

▼キーワードの選択とユーザーのターゲット設定が容易に

ランディングページを送信するだけで、最適なキーワードと購買意向の強いユーザー層やアフィニティカテゴリのユーザーなどのターゲット設定が提案されます。
もちろん、上級者の方はそれらの提案をカスタマイズすることも可能です。
ディスプレイキャンペーンはちょっと機能が多すぎて分からないんだよね。という方には嬉しい機能ではないでしょうか。