リスティング広告を実施している企業でも徐々にGoogle Analyticsを導入してきている企業が増えてきているように思います。

個人的にも、Google Analyticsはリスティングに活用出来る機能が多くあるので、導入可能であればぜひとも導入していただきたいと思います。
主に下記のことが活用出来ると思います。
•Yahoo!リスティングでどの検査クエリに広告が表示されたかを確認できる
Googleはデフォルトで検査クエリレポートを確認することが出来ますが、Yahoo!リスティングの場合はレポートで確認することができません。
しかし、GoogleAnalyticsを使えばYahoo!リスティングでどのクエリキーワードから流入してきたのか把握することが可能です。
•Analyticsのコンバージョンしているキーワードを確認してリスティング広告に活かす
Analyticsのタグでもコンバージョン計測は可能です。オーガニックからの流入でコンバージョンしているキーワードがあった場合、そのキーワードがもしリスティング広告に追加されていない場合はキーワードを追加することも検討しましょう。
•滞在時間の長いキーワードを分析する
滞在時間が長いキーワード=ページの内容に興味をもっていると考えられます。たとえコンバージョンしていなくても、コンテンツや文章次第でコンバージョンに至る可能性もあります。このキーワードをリスティングにも活用しましょう。