直帰率とはアクセス解析の用語でGoogle Analytics上の定義は

閲覧開始ページ (リンク先ページ) からサイトを離脱した訪問、つまり1 ページだけを閲覧したセッション数の割合

を表します。

たいていの場合、この数値が高いとキーワードに対して十分なコンテンツが無いため別なサイトに移動していると考えられます。

ただし、ランディングページなどサイト内リンクがフォームのみのページなどはコンバージョンをするか直帰するかしか無いので、直帰率は高くなります。