マルチチャネルとはGoogle Analyticsのヘルプから引用すると

各コンバージョン/トランザクション到達前の 30 日間でのコンバージョン経路や一連のインタラクション(チャネルからのクリックや参照)

ということになります。

マルチチャネルのデータを活用するとコンバージョンに至るまでにどのサイトを見てきた(経由)のか(例えばアフィリエイトサイトであったりリスティングであったり)を知る事ができます。

これを知る事で、直接はコンバージョンが計測されないけど、間接的にコンバージョンに貢献しているサイトであったりというものを把握することが可能となります。

たとえば、ユーザーの多くは、サイトで商品を購入する前に、Google でブランドを検索している可能性があります。そのブランドを知ったのは、ブログで関連記事を読んだとき、あるいは特定の商品やサービスを検索していたときかもしれません。マルチチャネル レポートでは、以前の参照、検索、他のチャネルへの露出が販売にどのように貢献しているかを確認できます。

Google的にいうとこのようになります。

ちなみにGoogle Analyticsでは下記のチャネルを確認する事が可能です。

•有料検索、オーガニック検索(すべての検索エンジンが対象、特定のキーワードで検索した場合)
•参照元サイト
•アフィリエイト
•ソーシャル ネットワーク
•メール ニュース
•ディスプレイ広告
•独自に作成したカスタム キャンペーン(トラフィックをバニティ URL に誘導するオフライン キャンペーンも含む)