AdWords公式ブログ(英語)にてGoogleショッピングの自動入札に関するアナウンスがありました。内容を簡単に説明すると

クリック数の最大化

予算内で出来るだけトラフィックを集めたい場合に有効。ウェブサイトの訪問やローカル在庫広告で来店を促す場合に有効な機能です。
home24社の事例では、この機能を活用することでテスト期間の1ヶ月で、クリック数は7%増、CPCは13%減になったとのこと。

 

拡張CPC

自身で入札を管理したい場合や、サードパーティの入札プラットフォームを利用している場合に有効な機能です。コンバージョン、売上を増やせるようにリアルタイムに入札を最適化します。

 

目標広告費用対効果(ROAS)

入札を個別に管理する時間が取れず、収益を増やしたい場合はROASの機能が有効です。
ただ、この記事執筆時点(2015年8月14日)ではベータ版なので、早期利用する場合にはこちらから申し込む(英語)必要があります。

入札戦略についての詳しい解説ページ

ベストプラクティス