先日(2013年5月17日)、Yahoo!Japanに不正アクセスがありました。

Yahoo!プロモーション広告もYahoo!JapanIDと連携させることが出来るので、もし連携しているアカウントであれば、念の為不正アクセスされた対象のアカウントかどうかを確認した方が良いかと思います。

対象のIDかどうかの確認が出来ます。
http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/0523a.html
(幸い私の保有しているアカウントは対象外でした…)

パスワードを推測されにくいもの(ランダムな文字列)を生成してくれるツールもウェブ上では様々あるので最低限このような対策を行なっておいた方が良いかと思います。

パスワード生成ツール(一例)
http://www.graviness.com/temp/pw_creator/